脱・3日ぼーず

販売員の趣味とライフスタイルの雑記ブログ。服ネタがんばる。

知らないと恥ずかしいかも!? 5分で分かるルイ・ヴィトン

こんにちは!


世界中にはたくさんのファッションブランドがあるわけですが、

「あー、なんか聞いたことある」
ってだけの方がほとんどだと思います。


今回掘り下げようと思うのはルイヴィトン。

これも知らない方はほとんどいないと思いますが、実際、どんなブランドか知ってますか?


たぶん、なんとな~くな方が多いんじゃないでしょうか?


まぁ買うことなんてほとんどないでしょうが、知っておいて絶対損はない基礎の基礎を分かりやすくまとめてみたいと思います。



そもそもルイヴィトンってなに?

ルイヴィトンは1821年生まれのフランス人で、
旅行カバンの職人です。

村に生まれて、小さい時の苦労(母親の死など)が重なったためか、家出してます。

たぶん中学生くらいの年齢で家出してパリに行くってすごいですよね。


で、カバン職人としてどんどん成長したルイヴィトンは1854年、34歳のときに結婚します。

それを期にブランドを立ち上げて、5年後にはアトリエを出すのでした。


ものづくりの凄さは公式でもあるので興味のある方はぜひぜひ

アニエール|ルイ・ヴィトン公式サイト



ざっくり年表にしてみる


1854年 ブランド誕生

1859年 アニエールに店を構える。
初期の作品「グリ・トリアノン・キャンバス」で有名に!

1872年 この辺りにはコピー品との戦い。笑

1888年 「トアル・ダミエ」←有名!

1896年 「モノグラム・キャンバス」←超有名!

1978年 日本に出店!(東京大阪に5つくらい)

1985年 「エピ・ライン」←有名!

1998年 服も作り始める!



だいたいこんな感じですかね。めちゃくちゃざっくりです。笑


見てもらえばわかるんですけど、ルイヴィトンがアパレルをやり始めたのってかなり最近なんです!これは意外な方もいるのではないでしょうか?

あと、有名って書いたバッグのデザイン達ですが、これらって実はルイヴィトンが開発したんじゃなくて、、

息子のジョルジュが作ったものなんです。笑
(すげぇ!2代目!)


これは僕も昔おどろきました。


もっと詳しく知りたい方は公式に載ってると思いますので参考に。


ルイ・ヴィトンと言えばこれだ!

モノグラム

もう、ずーーっとブランドの定番のモデルです。

見たら、あぁ~ってなるやつです。




f:id:mmmouh8845:20170725144728j:plain




ほら見覚えあるでしょう?笑


このLとV、模様、
これって日本の家紋から来てるようです!

今でもフランスって日本のアニメブームとかありますが、ルイ・ヴィトンができたときって、
日本じゃ江戸とか明治とかその辺りなので、
ジャポニズム」ってのが流行ったんですよ。

なので、コピー品ばっか出回ってる!
どうしたらいいんだ!
ってときに、
「日本の柄参考にしたらいいんじゃないか!」

とこんな経緯で作られた訳です。笑


モノグラムには派生していっぱいラインがありますが多すぎるので省きます!

(名称だけ挙げると、マルチカラー、アンプラント、マヒナ、ヴェルニなど、、)

ダミエ

モノグラムよりも前に打倒コピー品で作られたモデル。市松模様(チェック柄)。




f:id:mmmouh8845:20170725150556j:plain




これも見覚えあるのではないでしょうか?

(僕は中学生の時に友達から2,000円でこのニセモノを買った苦い思い出があります。笑)


これも2代目ジョルジュ考案。

パリの万国博覧会でも金賞、商標登録までされてもまたまたコピーされるんです、人気なのと、どうしても単調な柄になってしまうからですかね。


モノグラムが発表されてからは長らく使われなかったみたいですが、今はすごい人気ありますからね、これも種類多いんですよ。例によって割愛しますが。笑
(種類は主にソバージュ、アズール、グラフィット、アンフィニ、ジュアンなど)




エピ

これ柄っていうの?って感じですが、
上記2つとは打って変わって型押しです。

エピ=フランス語で麦の穂って意味らしいです。

確かによーく見てみると、風になびいてるような稲っぽい柄になってますよね。



f:id:mmmouh8845:20170725151604j:plain



上記とも同様、発表されてからの歴史が長いのでそれだけ人気なのでしょうね。

見るからにルイ・ヴィトンって感じがあまりなくて大人っぽいなと思います。


どーでもいいんですけど、パンのベーコンエピも同じ意味で、麦の穂から来てるらしいですよ。笑


f:id:mmmouh8845:20170725152447j:plain


ベーコンエピ。
思わぬ共通点です。

すみません、話が逸れまくりました。笑


まとめ


今回は主にルイ・ヴィトンの基礎の基礎を取り上げましたがいかがでしたか?


だいぶざっくりと紹介しましたが、
やっぱり歴史が濃いですね!


さすがに約160年も続いてるだけあって、掘り下げれば掘り下げる程面白いです。


柄のことや、服についてもまた取り上げてみたいと思いますので、公開したらまた見てくださると嬉しいです!

では、今回はこの辺りで!



ありがとうございました:-)

和泉市にこんなに綺麗な花があるなんて、、

こんにちは!

 

この前の休日に公園に行って来ました。

 

和泉リサイクル環境公園。

 

ほんとは府外に遠出したろうと思ってたのですが、連勤疲れでさすがに断念。。

 

そんなときにふと調べていたら、ここのひまわりが満開という情報が!

 

これは行くっきゃないと思い立ちました。

 

いつでも即行動です。笑

 

 

家から30分程で着き、いざ園内へ。

 

さっそくパシャり。


f:id:mmmouh8845:20170723184640j:image

 

ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)

という花です。

北アメリカ原産のキク科。

 

6月~8月?7月~10月?とまぁ夏中心で割と長く咲いてるようです。

 

下に向いて咲くってのがいいですよね。

好きですこの子。

 

f:id:mmmouh8845:20170723172023j:image

 

2枚目。

倒れた花っていいですよね。

昔からこの地面すれすれの構図が好きです。

 

 

そのあとも色々撮って、いよいよメインのひまわりへ!

 
f:id:mmmouh8845:20170723185443j:image

 

遠目からでも圧巻!

ようやく夏って感じがしましたね~(^-^)

 

強い日差しの中(たぶん最高35℃)で1時間撮りまくり、ひまわり達の色んな表情を撮ることができました。


f:id:mmmouh8845:20170723190104j:image

↑斜め前から


f:id:mmmouh8845:20170723185913j:image

↑後ろから


f:id:mmmouh8845:20170723190016j:image

 ↑ミツバチと共に


f:id:mmmouh8845:20170723190204j:image

 ↑個人的なお気に入り

 

絞り優先オートで数値を最小値に。

遠くから1番奥のひまわりにピントを当て、

レンズを前のひまわりに付け、前ぼけさせました。

後ろの木がいいアクセントに(^^)

 

そんなこんなで撮ってばかりいるとカメラの充電がつきちゃいました。

 

ということで帰ることに。

 

 

撮り終わった感想は、もちろんひまわりが綺麗で感動した、という一言に尽きますが、

 

とにかく暑い暑かった!

 

夢中になると回りが見えなくなるわ、、

熱中症には気をつけましょう。

 

 

おまけ


f:id:mmmouh8845:20170723191350j:image



f:id:mmmouh8845:20170723191455j:image


f:id:mmmouh8845:20170723191520j:image


ありがとうございました:-)